腰痛の分析、、、

こんばんは

 

西谷駅げんきのこころ整骨院です。

 

腰痛の分析、、、

 

少し自分の腰痛を分析してみませんか?

 

そうすることによって

 

ぎっくり腰やヘルニアなどの病気を防げるかも知れません。

 

自分の痛みの特徴をつかむことは、

 

その原因と対策を探る上で重要なヒントとなります。

 

腰痛を3つの視点から分析してみましょう

 

「どんなときに痛むのか(タイミング)」

 

腰痛は痛みが起こるタイミングも原因によって異なるため、

 

自分がどのようなときに痛むのかをチェックしておくことが

 

早期改善につながります。

 

朝起きたときに起き上がるときだけ痛い

 

歩いていても痛い

 

椅子から立ち上がるときに痛いなど

 

また安静時でも痛みがある場合は、内臓の病気やガンの可能性もあります。

 

「いつから痛むのか(期間)」

 

痛みが出てから、どれくらいの月日が経っているのかを確認。

 

痛みの出始めは急性腰痛。

 

このような場合は原則安静

 

3カ月以上も続くようであれば慢性腰痛

 

早急に治療をしましょう。

 

「どこが痛むのか(部位)」

部位の分析ポイント

 

腰のどのあたりが痛むのかを確認します。

 

腰だけが痛いのか、下半身にも痛みがあるのか、

 

右側だけ痛いのか

 

痛みの場所を意識し

 

医療機関に行く際にちゃんと伝えることにより

 

治療法が変わってくるので

 

自分の腰痛の事を把握しましょう。

 

どこが痛いか分からない

 

どうすると痛いか分からない

 

そんな方は西谷駅げんきのこころ整骨院で正確な判断

 

動画などで分かりやすい説明もいたしますのでをいたしますので

 

安心してお気軽にお越しください。

 

腰痛と無縁の人生を送ってみませんか??

 

西谷駅げんきのこころ整骨院  院長